blog ブログ

HOME // ブログ // 【三郷市】断熱性・気密性をアップさせて住みやすい家へ

CATEGORY


工事例

【三郷市】断熱性・気密性をアップさせて住みやすい家へ



目次

なぜか住まいが冷える

 「住まいが冷えて冬寒い」「どこからか風が入ってくる」「暖房でいくら温めても温まらない」「夏は部屋が暑くてエアコンが効かない」「二階が暑くては入れない」・・・などなど。
 そんなお住まいのお悩みをかかえる方は、まだまだたくさんいらっしゃいます。建築基準法では、「断熱材を必ず入れなくてはならない」という法律はないため、断熱材が入ってなくても、決して違法建築ではありません。 ただ、物置ならいざしらず、一般的な戸建て住宅で、全く断熱材が入っていないと、外気に左右されて、住みにくい季節があるのは確かです。

 寒さを解消するため、一酸化炭素中毒や火災の危険を感じつつも、たくさんの暖房器具を使い、やたら光熱費がかさむ。これも「住みにくさ」の一つですね。そんな「住みにくさ」を解消する「省エネ化」に欠かせないのが、住まいの気密化、断熱化です。

 今回、大掛かりなリフォームをご依頼いただいた三郷市のお客様のリフォーム例を元に、気密化、断熱化をご紹介させていただきます。

気密化とは?

 気密化とは、ずばり家のすき間を減らす事。
 例えば、古い窓については、長年で家にゆがみが発生し、窓枠まわりにすき間ができてしまう場合があります。

 また、古いアルミサッシの戸車が劣化して、サッシ自体が傾いてしまう、すき間を埋めるゴムパッキンが劣化してしまうなどの理由で、すき間が入ることもあります。玄関ドアも同様にすき間が多くできてしまう場所です。
 特に寒い冬に気になるすき間のお悩みは、サッシやドアを最新のもの、高気密のものに取り換えることで、解消することができます。

施工前

施工後

断熱化とは?

 断熱化とは、冬は暖め、夏は冷やした室内の空気熱を外に漏らさないよう、外気との間に、熱を遮断する空気層を設けること。断熱化することで、エアコンなどの冷暖房の効果を最大限に活かせるようになります。

 断熱化させる「断熱工事」には、住まいの壁、屋根、床下、などに、ウレタンやグラスファイバー、ウールなどの空気を含んだ断熱材を用いる「内断熱工事」、
断熱材入り金属瓦を屋根に葺く、外壁にサイディング材を貼るといった「外断熱工事」、また、サッシや出入口部分の開口部は、他の場所に比べて、どうしても熱の入れ替えが多い所です。外気からワンクッション置いた空気層を設けるため、窓に内窓を設置する、ペアガラスに代えるなどの「省エネサッシ工事」などがあります。

 今回のお住まいも、「外断熱工事」として外壁はモルタル壁の上に金属サイディングを張り、屋根は断熱材入りのガルテクトスーパーで葺き替えました。「内断熱工事」としては足りない断熱材は増し、施工後のお写真でもわかるようにサッシも以前の物より小さいサイズ等に変えました。不必要な開口面積を減らすことで、快適な温度の空気が逃げるのを最小限に抑えることができます。

省エネ化に伴った断熱化、気密化

 40年くらい前に建てられた戸建てには、まだ住宅の省エネルギー化が進んでいなかったため、断熱材が入っていない家も多く、特に「床下に断熱材が入っていない」というケースが多くみられます。また、吹き込み式の断熱材で古いものは、詰め物が湿気で重くなり、自重でつぶれ、下にたまり、「上がスカスカ」になってしまっているものもあります。

 今回のお住まいでは、床に断熱材が入っていなかったため、床専用のウレタンフォームの断熱材を敷き込みました。また、室内に、湿った冷たい空気が上がってこないよう、床下には湿気対策として「アクティブドライ」というセラミック墨を用いた除湿剤を置きました。こちらの製品は、水害にあっても乾けばまた永続的に使用できる優れものです。

次世代住宅ポイント制度の対象になります

 2019年10月から、消費税が10%になりますが、増税に伴い緩和政策の一環として「次世代住宅ポイント制度」が始まりました。
これは、「環境」「安全・安心」「長寿命・高齢化対応」「子育て支援・働き方改革」といった政策に対応させた住宅工事に、同様の商品に使えるポイントが発行される制度です。
 2019年10月以降に完工引き渡しとなる工事であれば、2018年12月21日以降に契約したものであれば、対象となります。
ポイント上限は30万ポイントですが、既存住宅を買ってのリフォームは45万ポイントまで、さらに若者子育て世代の方が、既存住宅を購入してのリフォームだと、60万ポイントまで発行されます。
 断熱も様々な工事で対象となりますので、この機会にご検討いただけるとお得です。

天井にも断熱材

 「過去増築された部分の天井」「サイズを小さくしたり、撤去した開口部分」「壁で断熱材が入っていなかった部分」には、高性能グラスウールの断熱材を使用し、断熱性をアップ。今回デザイン的に、天窓など新規に設けた窓もあるのですが、その周りにもきちんと断熱材を詰めました。

サッシを取り換えて気密性アップ

 すべてのサッシを気密性の高い新しいものにお取替えさせていただきました。
 写真は2階のサッシ。ガラスは、遮光効果があり、防犯性の高い旭硝子のセキュレを採用。台風にも強く、万が一割れても飛散しない安全な合わせガラスになっています。

玄関扉もリフォームドアの断熱タイプにお取替え

 玄関に続く客間を広く使いたいとのことで、2室をつなげた広い空間になりました。広くなった分、気密や断熱がされていないと、暖房効率が下がってしまうため、採用のドアやサッシも断熱タイプの採用が理想です。採用した玄関ドアは、LIXILの人気商品のリシェント玄関ドアⅢ。もちろん暖房効率を考えて、断熱タイプです。

 今回は、大掛かりなリフォームの一部でしたが、玄関ドアだけリフォームされたい場合はなんと、1日でリフォームできてしまう商品です。
 玄関だけでもとリフォームを考えられている方にもおすすめです。

玄関正面の客間

間取り

リフォームさせていただいて

 この度は、岩建ホームテックでリフォームしていただき、光栄です。
 増築などはなかったものの、一階はほとんどスケルトン状態にしたうえ、外装を丸ごとすっぽり包むような形のリフォームとなったため、工事期間も長く、ご心労をおかけしたことは言うまでもございません。快く対応してくださり、誠にありがとうございました。
 アフターメンテナンスとして、時々お声がけさせていただくこともありますが、その時は引き続きよろしくお願いいたします。

 また、こちらの事例をご覧になられて「うちも寒いけど、断熱性や気密性かぁ」と、気になることがございましたら、どうぞ、岩建ホームテックまでお気軽にお声がけください。

 点検やお見積り、プラン作成ももちろん無料です。皆様の理想を形にするお手伝いをさせていただければたいへん嬉しく思います。

ブログ一覧