blog ブログ

HOME // ブログ // 【松戸市】屋根の上葺き工事 コロニアルから金属屋根へ

CATEGORY


工事例

【松戸市】屋根の上葺き工事 コロニアルから金属屋根へ

目次

コロニアル屋根のメンテナンス時期

コロニアルの屋根材は、劣化が進むと建材の塗膜がはげ、建材自体に水分を含んでしまったりするため、その水分からコケが生えてしまったり、汚れが落ちにくくなってしまいます。

こちらの屋根は、屋根全体が錆びてしまったように見えますが、これはコケと汚れが合体してしまったもの。

こうなってしまうと、洗浄して汚れを落としても、塗膜も剥げてしまっているので、ところどころまだらな白っぽい屋根になってしまいます。

その他にも、板金は釘が緩くなってしまい、簡単に抜けてしまったり、サビが発生。コロニアル屋根材は一部割れも生じています。

雨漏りが起こる前に、早めのメンテナンスが必要となります。

屋根の釘抜け、浮き

コロニアルの割れ、板金のサビ

屋根のコケ、汚れ

どんなメンテナンス方法がいいの?

傷んだ屋根材の補修ができれば、塗装をする方法もあります。岩建ホームテックでもご依頼は多く、よく塗装のメンテナンスをさせていただいております。

ただし塗装は、5年〜10年でまたメンテナンスし直さなくてはならないという難点があります。

また、フッ素塗料などの硬い塗料の中には、上から別の塗料で塗りなおせないタイプの物もあるので注意が必要です。

今回はなるべくメンテナンス回数を減らしたいというご希望もあり、屋根を葺くことを提案させていただきました。

お勧めさせていただいたのは、コロニアル屋根をはがさず上からかぶせるカバー工法の「上葺き」です。

カバー工法(上葺き)の利点は?

カバー工法(上葺き)は、屋根をはがさなくていいので、コストが低く抑えられるという利点があります。

今までの屋根をはがさなくていいということは、その分、工期も短く済みます。

また屋根材の中には、劣化して飛散すると健康被害をもたらす石綿(アスベスト)が使われているものもあり、その場合、非常に高額な屋根材の処分費がかかってしまいます。

上葺きの場合そのコストはもちろんカット。

また、石綿を上から封してしまうため、劣化による飛散も封じ込めることができます。

カバー工法にピッタリのアイジールーフって?

カバー工法は、屋根をまるまる新しい屋根材で覆い直すため、重い屋根材を使うことはできません。

近年、多く使われているのは、金属屋根材を使った上葺きです。

金属瓦屋根は、従来の屋根瓦の約1/10の重さしかありませんので、まさにカバー工法にぴったり。

また、カバー工法のほかにも、瓦屋根が重くて地震での倒壊が心配される場合の葺き替えなどにもおススメさせていただいております。

様々なメーカーから発売されている金属瓦屋根材ですが、今回、岩建ホームテックでおススメさせていただいたのは、「アイジールーフ」の「スーパーガルテクト」という、アイジー工業さんの断熱材付き、金属屋根瓦材です。

リフォームの様子

とても複雑な形の屋根ですが、専用の部材が揃っているため、きれいにかぶせることができます。

また、夏場はどうしても熱くなってしまう金属屋根ですが、断熱材がついているため、その熱は屋根裏に伝わらず、むしろ断熱効果で空調効率をアップさせることができます。

また、保証は塗膜劣化や色褪せが20年!(穴あきは25年)となっておりますので、20年間はメンテナンスしなくても大丈夫。

岩建ホームテックでも、自信をもっておススメさせていただいております。

岩建ホームテックがこだわる雪止め金具って?

屋根のに千鳥についているのは「雪止め金具」という金属屋根には欠かせない、屋根に積もった雪が塊で滑り落ちてしまわないようにキャッチする金具です。

今年に入ってまだ雪が降っておりませんが、金属屋根に葺き直すと、「今まで以上に屋根がつるつるで滑る」ようになってしまいます。

時々、雪止め金具を付けないままにされたいという方もいらっしゃるのですが、そういう方も雪が降ると慌てて「やっぱりつけて!」とおっしゃるくらい、普段は気にも留めない部材ですが、雪の時にはその威力を発揮します。

豪雪地帯では、雪が落ちないと屋根の重量が重くなってしまうため、つけないところもあるようですが、岩建ホームテックの店舗がある地域では、たまにしか降りませんので、つけたほうが無難です。

特に、ベランダ上や、玄関上など、下を人が通る場所には欠かせません。

また、今までの経験から、岩建ホームテックでは、可能な限り千鳥の配置でつけさせていただいております。

施工させていただいて

この度は、岩建ホームテックでリフォームしていただき、誠にありがとうございました。

こちらのお客様のお宅では、他に外壁塗装や、ベランダの塗装もさせていただいたのですが、今回は屋根に絞ってご紹介させていただきました。

元が黒の屋根材ですと、そのまま黒の屋根になさる方が多い中、今回はスタイリッシュな青系統のお色「スーパーガルテクトのSシェイドブルー」を選択され、お住まいのイメージもぐっと明るく仕上がりました。

これからも安心して住まい続けられるお手伝いができ、私どもも大変うれしく思います。

アフターメンテナンスとして、時々お声がけさせていただくこともありますが、その時は引き続きよろしくお願いいたします。

また、こちらの事例をご覧になられて「うちの屋根も似てる」と気になられたら、お住まいにリフォームを考える時期が来ています。

点検やお見積りはもちろん無料。どうぞ、岩建ホームテックまでお気軽にお声がけください。

ブログ一覧